映画の後にエスプレッソを。

映画の後にエスプレッソを。優雅な生活に憧れた人生の生き方を、楽しく、おもしろく、ときにはせつなく綴ることができればと思います。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この鍵が担っている。



どこかなつかしい木ででいたこの鍵は
松竹鍵』と言われ、
銭湯などで多く使われていました。

今ではほとんどの家庭にお風呂があり
銭湯に足を運ぶということは
そう多くない時代になったと思う。

私も幼い頃におばあちゃんの家へ
泊まりに行った時に、
家族や親戚で近くの銭湯
行った記憶が少しある程度。

あのなんとも言えない風習は
幼いながらにとても印象にのこっている。

手ぬぐいや石鹸などをもって
銭湯にてくてくと。

のれんをくぐればなんとも言えない
湯のにおいが出迎えてくれる。

銭湯の思い出はひとそれぞれ。

熱すぎるお湯に冷たい水風呂、
下手な爺さんのうた、
そして、入浴後のコーヒー牛乳
はたまた、銭湯の出口での恋人との待ち合わせとか。

どこか懐かしい思い出への鍵を
この『松竹鍵』が担っている。

   ~映画の後にエスプレッソを。~


関連記事
スポンサーサイト

Comment

松竹鍵 

名前があるなんて知りませんでした!
お風呂上がりのコーヒー牛乳、大好きでした。
最近はお風呂屋さんというより、
スーパー銭湯の方がよく見かける気がします。
でも神田川の歌詞に出てくるような
お風呂屋さんもやっぱりいいですよね。
  • posted by きゅう 
  • URL 
  • 2014.01/16 02:01分 
  • [Edit]

きゅうさんへ 

きゅうさん

こんばんわ、ご無沙汰しております。
鍵ってなんだか魅力的ですよね。
幼い頃、小さな南京錠なら
鍵がなくてもあけれました。

仕組みは簡単で
その時に最低限の鍵の役割を果たす
松竹鍵が好きです。

ああ~ 恋人を湯上りに待ちたいなぁ
なんてね。

またごひいきに。
  • posted by espressoatm 
  • URL 
  • 2014.01/19 03:42分 
  • [Edit]

 

甘酸っぱい?ようなほろ苦いような思い出とやはり神田川のメロディが重なって流れて来ます。
もう、少し賢かったらなあと
やっぱりほろ苦い青春でした…
  • posted by carmenc 
  • URL 
  • 2014.01/20 19:48分 
  • [Edit]

carmencさんへ 

carmencさんへ

こんばんわ。
おひさしぶりです。

こころの奥に沈んだ記憶は
ほろ苦いものが多いですよね。

恋人との待ち合わせなんて
今の時代は昔のものと違って
味気ないのだろうなぁ。なんておもっている今日このごろです。

ではまたごひいきに。
  • posted by espressoatm 
  • URL 
  • 2014.01/23 01:38分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

EspressoAtm

Author:EspressoAtm
映画の評論家でもなく、
 『cafe』の評論家でもなく。
優雅な生活に憧れて
 毎日を慌ただしく過ごす毎日。
そんな毎日を過ごす日々の
 心の想いを綴りたいと思います。

最新記事

右サイドメニュー

おすすめ商品です。

DVDラック

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

買い物をする

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。